レモンパイの作り方

レモンパイはお好きですか?サクサクしたクラストにクリーミーで甘酸っぱいカードがたまりませんよね。今日は、甘さとレモンの酸味のバランスが絶妙に取れたレモンパイのレシピを紹介します。パイの本場、アメリカ人直伝のレシピです。

基本的には簡単なレシピですが、冷やす時間を入れると3時間30分程度かかるので、調理時間を念頭に置いて取り掛かることをお薦めします。食べる日の前日の夜にホイップクリーム作りの手前(下のレシピの1番から6番)まで終わらせておけば、当日はホイップクリームを作るだけなので、とても楽になります。

*このレシピにはオーブンが必要です。

材料

冷凍パイシート

砂糖(130g)

小麦後(大さじ2杯)

おろしたレモンの皮(小さじ1杯)

ライトコーンシロップ(250g)

卵(4)

レモンジュース(70g)

溶かしバター(大さじ2杯)

ホイップクリーム(200g)

粉砂糖(大さじ2杯)

器具

小さじ

大さじ

おろし金

オーブン

大きめのボウル2個

ウィスクまたはミキサー

絞り袋

アルミホイル

サランラップ

作り方

準備

A 冷凍パイシートを型に敷き詰めていきます。その際、ひだを作ると見栄えがよくなります。カードを作る間に冷蔵庫に入れて解凍しておきましょう。

B バターを溶かす

C オーブンを予熱180度で温めておく。

1. 大き目のボウルに砂糖と小麦粉を投入し、混ぜます。

2. よく混ざったら卵、ライトコーンシロップ、レモンの皮(おろしたもの)、レモンジュース、溶かしたバターを入れ、ウィスクでかき混ぜます。

3. 解凍したパイシートに3を流し込んで下さい。

4. オーブンの下の段にラックを入れ、その上にパイを乗せて、カードの部分がほんのりきつね色になるまでベイクして下さい。目安は40-45分です。クラスト(縁)が焦げることがないように、30分が経過したところで、アルミホイルでパイの縁の部分を緩く覆います。

5. お好みの色がついたら、レモンパイをオーブンから取り出し、ホイルを取り除きます。取り出す際はとても熱いので注意して下さい。ラックの上で1時間冷まします。その後、今度はラップでカバーして冷蔵庫で2時間冷やします。

6. パイが冷えたら、ホイップクリームを作っていきます。ボウルにホイップクリームを入れ、泡立たせましょう。ある程度白くなったら、粉砂糖を少しずつ投入し、再びよく混ぜます。ミキサーがあると便利です。

7. 満足のいく固さになったら(角が立つくらいがベスト)、絞り袋に入れてパイに乗せます。

8. 再びオーブンで5分ベイク(180度)して完成です!

※8は個人の好みです。焼き目をつけなくてもいいという方は、スキップして頂いて構いません。