キャロットケーキのレシピ

キャロットケーキをご存知ですか?文字通り、キャロット、つまり人参が主役のケーキです。しかも、ケーキとクリームチーズの2層が味わえちゃいます!そこで今回は人参の自然な甘さを存分に味わえるキャロットケーキのレシピを用意しました。 材料 ケーキの部分 グラニュー糖 – 270グラム サラダ油 – 180グラム 型の焦げ付きを防ぐショートニングまたはサラダ油 – 少々 卵 – 3個 小麦粉 – 220グラム 型の焦げ付きを防ぐための小麦粉 – 少量 シナモンパウダー – 小さじ2杯 ベーキングソーダ – 小さじ1杯 バニラ – 小さじ1杯 中くらいの大きさの人参3-4本(シュレッダーにかける。ケーキに入れる量は調整してください) 塩 – 小さじ1杯 粗く刻んだクルミ(ミックスナッツで代用してもよし – 1カップ(好みに応じて調整してください) クリームチーズの部分 クリームチーズ – 200グラム(事前に柔らかくしておいてください) バターまたはマーガリン – 45グラム(事前に柔らかくしておいてください) 牛乳 – 小さじ3杯 バニラ –

イチゴタルトのレシピ

たくさんのイチゴをスイーツで食べたいならイチゴタルトをおすすめします。甘酸っぱいイチゴとクリーミーなタルト、そして、サクッとした食感のクラストが絶妙のハーモニーを奏でます。 今回のレシピはタルト生地にクリームチーズを使うので、よりリッチな味わいを楽しめます。 材料 クラスト 小麦粉 – 200グラム 小麦粉 – 少量(生地を捏ねる際にまぶすため) バター – 125グラム(できれば無塩のもの。1センチ四方の大きさに切っておく) 粉砂糖 – 30グラム 卵 – 1個 タルト生地 クリームチーズまたはマスカルポーネチーズ – 250グラム 砂糖 – 30グラム イチゴ – 600グラム ジャム – 大さじ4杯(カレンツ(赤房すぐり)ジャムが理想ですが、なかなか手に入りにくいので、カシスやアプリコットジャムで代用することも可能です) 水 – 大さじ1杯 道具 底が取り外し可能なタルト型(直径25センチ) ベーキングビーンズとクッキングペーパー(あれば) フードプロセッサー オーブン 麺棒 小さな鍋 作り方 クラスト 1. オーブンを180度の予熱で温めます。 2. フードプロセッサーにクラストの材料全て(小麦粉、バター、粉砂糖、卵)を入れ、スイッチを入れます。若干湿っ気のある状態になるまで混ぜます(最大で1分かかる可能性もあります)。 3. ボウルに移して、混ぜ合わせます。 4. 平らな台と麺棒に軽く小麦粉をまぶし、生地を置いて5ミリの厚さになるまで伸ばしていきます。 5. タルト型に生地を乗せ、余分な生地を切り取ります。手に小麦粉を振りかけ、型の底と横にしっかりと生地を押しつけて下さい。

チーズケーキのレシピ

チーズケーキの本場と言えば、やはりニューヨークではないでしょうか?そこで今回はニューヨークスタイルのチーズケーキのレシピを紹介したいと思います。 材料 クラスト グラハムクラッカー – 230グラム (見つからない場合は全粒粉のクッキー(ビスケット)かお好みのビスケットで代用しましょう) 砂糖 – 大さじ2杯(甘いビスケットを使用する場合は分量を調整して下さい) バター – 60グラム クリームチーズ バター – 少量(型をコーティングするため) クリームチーズ – 900グラム 小麦粉 – 大さじ1杯 グラニュー糖 – 180グラム サワークリーム – 100グラム レモン汁 – 小さじ2杯 バニラエッセンス – 小さじ1杯 卵 – 3個 卵黄 – 1個分 道具 スプリングフォーム型 – 7または8号 フードプロセッサー 大きめのボウル 深さのあるオーブン対応の容器(ロースティングパン等) アルミホイル

チョコレートケーキレシピ

今回は、カカオの甘い香り、しっとりとしたスポンジ、そして、生地を包む滑らかなチョコレートフロスティングを存分に味わえるチョコレートケーキのレシピを紹介します。 材料 ケーキ グラニュー糖 – 360グラム 小麦粉 – 190グラム 無糖ココアパウダー – 80グラム(無糖ココアが手に入らない場合はグラニュー糖の量を60グラムほど減らして下さい) ベーキングソーダ – 小さじ1と1/2 ベーキングパウダー – 小さじ1と1/2 卵 – 2個 牛乳 – 210ミリリットル サラダ油 – 80ミリリットル バニラ – 小さじ2杯 熱湯 – 200ミリリットル サラダ油 – 少量(焦げ付き防止用) 小麦粉 – 少量(焦げ付き防止用) フロスティング バター – 90グラム(事前に溶かしておいて下さい) 無糖ココアパウダー – 80グラム 粉砂糖 – 350グラム

カジノケーキのレシピ

カジノケーキという名のケーキをご存知ですか?カジノケーキとは、ムースの周りにスライスしたロールケーキを敷き詰めてしまうという、なんとも大胆な発想のケーキです。今回は時短を意識した簡単なレシピを用意しました。 このレシピの最大の難関は、何といってもロールケーキを敷き詰めるところです。根気がいる作業ですが、できるだけ隙間を作らないように慎重に慎重を重ねて丁寧に敷き詰めていって下さい。 材料 ロールケーキ 卵 – 4個 小麦粉 – 100グラム バニラ – 小さじ1杯 クランベリージャム – 適量(お好きなジャムで代用しても構いませんが、できればイチゴジャム等、赤色のジャムを推奨します) イチゴムース イチゴ – 400グラム 生クリーム – 200cc レモン汁 – 小さじ1杯 砂糖 – 80グラム 粉ゼラチン – 10グラム 水 – 大さじ5杯 道具 ロールケーキ オーブン オーブン皿 クッキングシート サランラップ 大きめのボウル ハンドミキサー スパチュラ 型 イチゴムース 耐熱容器(ゼラチンを溶かすため) ミキサー 作り方

レモンの木の植え方

レモンは好きですか?レモンってスーパーで買うものだと思っていませんか?実は自分で育てることができるんです!庭があれば地植えも可能ですし、マンション住まいの方ならベランダで育てることも可能です。 そこで今回は、より大勢の方がチャレンジ可能な鉢植えの方法を紹介します。 *残念ながらレモンは寒い地域には向いていません。そのため地植えの場合は、外の気温がマイナス3度を下回らないことが条件です。基本的に柑橘系を栽培することができる場所なら問題ありません。 それでは、鉢植えの方法をみていきましょう。 鉢植え 時期 3-4月 1. まず8号以上の鉢を用意します。鉢底網を敷き、その上に鉢底石を敷き詰めます。底が見えなくなるまで石を敷き詰めて下さい。 2. 果樹用培養土と腐葉土を8:2の割合で混合し、鉢に入れます。 3. レモンの苗木(レモン初挑戦の方は3年以上の大苗がベター)をポットから取り出し、根をほぐして、色々な方向に伸びるように鉢植えします。尚、レモンの品種ですが、寒さに強いリスボンとビラ・フランカがお薦めです。 4. 土をかぶせて手でしっかりと抑え、たっぷり水をあげます。 育て方のポイント 置き場所 日当たりの良い場所に置きましょう。夜間に気温が氷点下に達する場合は、防寒対策をしておきます。 剪定 剪定については、実をつけたい葉のある枝は残し、前年に実をつけた枝や弱弱しい葉のある枝を切ります。時期は春先です。 水やり・肥料 常に土を乾燥させないように水やりを行いましょう。梅雨明けのシーズンと夏は気温が高く、乾燥が進みやすいので特に注意が必要です。肥料に関しては、三カ月に1回、つまり年に四回のペースで追加します。 害虫・病気 レモンの木の天敵はアゲハチョウ、というよりもアゲハチョウの幼虫です。真冬以外は早目に対処していきましょう。綺麗なので大目に見てしまいがちですが、卵がついていたら取り除きましょう。また、レモンの木には鋭い棘ができます。この棘が葉っぱや実に当たると傷ついてしまいますので(かいよう病)、早い段階で切り取りましょう。 摘果 待ちに待った収穫です!そのまえに、まず覚えておいてもらいたいポイントがあります。レモンの実は葉っぱ25枚につき1個成ります。つまり葉っぱの数が50枚ならレモンは2つなります。6月になるとたまに小さい実が落ちてしまうことがありますが、これは自然現象ですので気にする必要はありません。収穫は8月以降で。適切な大きさに育つまで半年かかる場合もあります(この場合は11月12月頃に収穫しましょう)。

フラワーアレンジメント

この記事ではフラワーアレンジメントの基本テクニックを紹介します。そもそも、フラワーアレンジメントとは何でしょうか?花束と混同している方も多いのではないでしょうか。 フラワーアレンジメントとは、ざっくり言うと、器の底にスポンジを置き、そこに生花を挿していく手法のことを指します。そのため、花瓶に移す必要がある花束とは違い、そのままで完成しているのです。 それでは、これからフラワーアレンジメントのテクニックを手順ごとに伝授していきます。今回は金網を使うテクニックを紹介します。 材料 ・花(色、質感、形の異なる花を選びましょう。また、シンプルなものと、インパクトのあるものを両方揃えておくことをお薦めします) ・花瓶(扱いやすい中ぐらいの大きさ) ・ソフト金網 ・花ばさみ ・フローラテープ 1. 花瓶を選択する 初心者の方は、まずは扱いやすい中ぐらいのサイズの花瓶を選びましょう。高過ぎても低過ぎても、また、口の部分が広過ぎても狭過ぎてもよくありません。 2. 金網の形を整える 金網を花瓶と同じぐらいの大きさに丸め、中に入れます。尚、材料の欄でも記載しましたが、形を整えやすいソフトな素材の金網(ワイヤー)が便利です。 3. 花瓶の上にテープを張る フローラテープを花瓶の上に十字になるように張ります。金網を固定するためです。 4. 活ける花を用意する さぁ、ここからが本番です!バランスの良い作品に仕上げるためには、以下の4つカテゴリーを満たす素材が必要です。以下のように劇場に当てはめて考えると楽しいかもしれません。 ・劇場(頑丈な枝や大き目の葉が最適) 例:マグノリア、オランダカイウ、ハナミズキ、柳 ・ステージ(花びらの大きな花) 例:アジサイ、菊、クチナシ ・主役(なるべく派手で目立つものを選んでおきたいところです。単純に自分、または、渡す相手が一番好きな花を選んでもいいでしょう) 例:ユリ、チューリップ、バラ、フリージア ・脇役(出来るだけ軽い花を選びましょう。主役がかすんでしまうような派手なものは避けて下さい。また、量も少しで構いません) 例:ポピー、パンジー、スイートピー 5. 花を活ける さて、花で表現したい舞台をイメージしたら、実際に花を生けます。 a – まずは劇場となる頑丈な枝を生けましょう。次に大きな葉を生けます。ここではバランスを考える必要はありません。むしろアンバランスで結構です。 b – ステージとなる花をなるべく下の方に生けます。 c – 主役の花を生けます。目立つように茎は長めにしておきましょう。 d – 最後に脇役を余ったスペースに生けていきます。欲張ると主役を食ってしまうので注意が必要です。これで完成!

レモンパイの作り方

レモンパイはお好きですか?サクサクしたクラストにクリーミーで甘酸っぱいカードがたまりませんよね。今日は、甘さとレモンの酸味のバランスが絶妙に取れたレモンパイのレシピを紹介します。パイの本場、アメリカ人直伝のレシピです。 基本的には簡単なレシピですが、冷やす時間を入れると3時間30分程度かかるので、調理時間を念頭に置いて取り掛かることをお薦めします。食べる日の前日の夜にホイップクリーム作りの手前(下のレシピの1番から6番)まで終わらせておけば、当日はホイップクリームを作るだけなので、とても楽になります。 *このレシピにはオーブンが必要です。 材料 冷凍パイシート 砂糖(130g) 小麦後(大さじ2杯) おろしたレモンの皮(小さじ1杯) ライトコーンシロップ(250g) 卵(4) レモンジュース(70g) 溶かしバター(大さじ2杯) ホイップクリーム(200g) 粉砂糖(大さじ2杯) 器具 小さじ 大さじ おろし金 オーブン 大きめのボウル2個 ウィスクまたはミキサー 絞り袋 アルミホイル サランラップ 作り方 準備 A 冷凍パイシートを型に敷き詰めていきます。その際、ひだを作ると見栄えがよくなります。カードを作る間に冷蔵庫に入れて解凍しておきましょう。 B バターを溶かす C オーブンを予熱180度で温めておく。 1. 大き目のボウルに砂糖と小麦粉を投入し、混ぜます。 2. よく混ざったら卵、ライトコーンシロップ、レモンの皮(おろしたもの)、レモンジュース、溶かしたバターを入れ、ウィスクでかき混ぜます。 3. 解凍したパイシートに3を流し込んで下さい。 4. オーブンの下の段にラックを入れ、その上にパイを乗せて、カードの部分がほんのりきつね色になるまでベイクして下さい。目安は40-45分です。クラスト(縁)が焦げることがないように、30分が経過したところで、アルミホイルでパイの縁の部分を緩く覆います。 5. お好みの色がついたら、レモンパイをオーブンから取り出し、ホイルを取り除きます。取り出す際はとても熱いので注意して下さい。ラックの上で1時間冷まします。その後、今度はラップでカバーして冷蔵庫で2時間冷やします。 6. パイが冷えたら、ホイップクリームを作っていきます。ボウルにホイップクリームを入れ、泡立たせましょう。ある程度白くなったら、粉砂糖を少しずつ投入し、再びよく混ぜます。ミキサーがあると便利です。 7. 満足のいく固さになったら(角が立つくらいがベスト)、絞り袋に入れてパイに乗せます。 8. 再びオーブンで5分ベイク(180度)して完成です! ※8は個人の好みです。焼き目をつけなくてもいいという方は、スキップして頂いて構いません。

東京の花屋さんベスト3

この記事では東京に無数に存在する花屋さんの中から、特にお薦めする3店を紹介します。ブーケを作ってもらいたいけど、花屋さんが多過ぎてどこに行けばいいのか分からない方には、是非、参考にしてもらいたいです。 東京で花を買うならこの3店を選ぶべし! The Little Shop of Flowers 東京でオシャレな街といったら、どこが思い浮かびますか?やっぱり表参道ではないでしょうか?その表参道にある新進気鋭のお花屋さんが、The Little Shop of Flowersです。 「花はもっと自由になれる」をコンセプトにしたこのお店は、色や形にこだわらず、自由な発想を追求しています。ブーケやフラワーアレンジメントだけでなく、フラワーシャンデリアやアートワーク等の商品も充実しています。 またウェディングにも力を入れているようなので、東京近郊でウェディングを予定している方は、是非、THE LITTLE SHOP OF FLOWERSに行ってみて下さい。 なお、アレンジメント等の装花に関しては、お渡しの3日前には注文する必要があるのでお早めに。 住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前6-31-10 営業時間: 平日 12:00 – 19:00 週末 11:00 – 19:00 logi PLANTS&FLOWERS logi PLANTS&FLOWERSも表参道のお店です。「ココロニノコルハナ」。それがlogi PLANTS&FLOWERSのモットーです。デザイナーの宇田陽子さんはフラワーアーティストの角浩之さんと野村五月さんのもとで修業し、花の魅力を余すところなく表現するクリエイターとしてCMや広告撮影等でも活躍しています。 logi PLANTS&FLOWERSさんの作品はアート性にこだわっているので、ユニークなブーケやインパクトのあるアレンジメントを求めている方にはうってつけかもしれません。 特にお薦めなのがキャンバスバッグを利用したバッグアレンジです。相手に渡す前も、渡す時も、渡した後も花の美しさを存分に楽しめる作品です。とても人気が高く、数量限定なので、気になる方はすぐにお店に足を運びましょう。 住所:〒107-0062 東京都港区南青山3-14-10シプレ南青山B1 営業時間:平日 12:00 – 20:00 土曜日 11:00 – 20:00  日・祝日 11:00